MENU

京商株式会社

ケーススタディ

トップページケーススタディ京商株式会社

BI powered by GBを活用した在庫の最適化

製造小売業

Situation

  • ラジコンカー等が主力の老舗模型メーカーである京商株式会社は、1台300点以上のパーツで構成されている競技用RCマシンを多くラインアップしている関係上、展開商品数が16,000点と多品種に亘るため ①在庫管理が煩雑で、把握や管理に膨大な作業時間/コストを要すること ②結果的に適正な管理が難しく滞留在庫が増加傾向にあること が大きな経営課題であった。
  • 2018年4月の新生レンブラントパートナーズ/弊社による共同出資をきっかけに、弊社が京商の在庫最適化プロジェクトをサポートすることとなった。

Solution

  • 社内各所に様々なフォーマットで存在するデータを収集し、BIツールによる自動集計・自動分析を行うダッシュボードを構築。
  • 弊社が独自に開発したBI (Business Intelligence) を基に、在庫・売上・その他KPIのモニタリング/分析を開始。

Results

  • リアルタイムで「見える化」が可能となったことにより、在庫だけでなく、売上と在庫の相関など様々な経営課題に対して迅速な経営判断が可能となった。 見える化の効果)
  • 手作業によるデータ集計がBI活用により自動化され、集計に必要な膨大な時間コストに加え、人為的エラーの撲滅等に成功した。 (人件費削減と働き方改革での効果)
  • システムベンダーが提供するBIと異なり、弊社の知見を基に商品供給率の概念や売上/在庫の相関分析など有効なKPIを設定することで事業価値向上に繋がった。 (事業価値向上の効果)