MENU

京商株式会社の株式譲渡について

プレスリリース

DATE
2021年03月26日

動産をキーワードに企業変革をサポートする株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長(CEO):田中健二)は、新生レンブラントパートナーズ1号投資事業有限責任組合(以下「*本件LPS」)への出資を通じて保有する京商株式会社(神奈川県厚木市、代表取締役社長 渡邉克美、以下「京商」)の全株式を、株式会社エーツー(静岡県静岡市、代表取締役社長 杉山綱重、以下「エーツー」)に2021年3月25日付で譲渡いたしましたので、お知らせいたします。

 

京商は、創業から半世紀以上にわたって、RC(ラジオコントロール)モデル、ミニチュアカー及び玩具の企画・製造・販売を行っています。「KYOSHO」ブランドは、品質と性能の高さで世界的にも高い知名度を誇っています。

当社は、本件LPSを通じた京商への投資を 2018 年 4 月に実行し、流通在庫管理の適正化・海外進出等の支援を実施し、企業価値向上に取り組んでまいりました。

今般、オンラインによる販売に強みを持ち、国内で100店舗を超える小売店展開を行うエーツーのグループ会社になることで、京商のさらなる成長、発展が期待できると判断し、全株式を譲渡することといたしました。

 

今後も当社は、動産における豊富な知見とノウハウを積極的にクライアントにご提供することで、コロナ禍における様々な企業変革に資する投融資を行っていきたいと考えております。

 

ゴードン・ブラザーズ・ジャパンについて
動産評価、動産換価の分野で世界最大手の米国Gordon Brothers Groupと、日本政策投資銀行が主体となり合弁で設立した法人で、動産ビジネス(動産評価、動産換価、動産担保融資/出資)における国内唯一の専門会社。知見を有する動産セクターはアパレルや家電等(流通在庫)から製造業全般(機械設備/製品在庫)まで多岐にわたり、近時はリストラ/在庫コンサルティングから動産担保融資や出資、ブランド買取等のキャピタル・ソリューションまで幅広いサービス提供を行っている。 http://www.gordonbrothers.co.jp/

一覧へ戻る